ブログ

超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

amazonギフト券使い方

amazonギフト券を使って買い物をするとお得になることは知っているけど、amazonギフト券の使い方がわからない…

amazonでショッピングする上で大活躍する”amazonギフト券”は、意外と知られていない存在です。使って買い物をしてみたいけど使い方がわからず結局避けているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、amazonギフト券の使い方はとても簡単です。たった1分の手間を妥協しなければamazonをお得に利用することが出来ます。

そこでこの記事では、amazonギフト券の使い方を一から応用まで全て解説します。お得な使い方まで紹介するのでぜひ参考にしてみてください!

1:初心者必見!今すぐできるamazonギフト券の使い方・手順を紹介

amazonギフト券を利用したことがないけど、持っているといった方結構いるのではないでしょうか?

近年では、amazonギフト券を誕生日や祝い事などでプレゼントとして利用される方も多く、貰ったamazonギフト券の使い方がわからないという方も多いはずです。

そこでまずこの章ではamazonギフト券の使い方をわかりやすく手順を追って説明します。

1-1:1分でできるamazonギフト券を使った買い物

amazonギフト券は持っているだけではamazonの買い物で利用することが出来ません。まず初めに大事なのはアカウントにチャージをすることです。これはたったの3ステップで完了します。

①amazonのTOPページより”ギフト券”をクリック

1 1024x412 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

②”アカウント登録”をクリック

2 1024x520 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

③ギフト券番号を入力し、”アカウントに登録する”をクリックで完了

3 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

1-2:amazonギフト券全タイプ使い方は同じ

amazonギフト券は全部で9種類ありますが、使い方は基本的に同じです。先ほど解説した3ステップでamazonギフト券を利用することが出来ます。

amazonギフト券にはどのタイプでも”ギフト券番号”が記載されています。このギフト券番号を先ほどの手順でアカウントにチャージをすることで全タイプ利用することができるようになるのです。

つまり、ギフト券番号さえ見つけることができればamazonギフト券の使い方はとても簡単だということになりますね。

1-2-1:チャージタイプにはギフト券番号が存在しない

charge type アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

amazonギフト券には”チャージタイプ”という種類が販売されています。このタイプには唯一、ギフト券番号がありません。では、どのようにアカウント登録をするのか…

実はチャージタイプは購入と同時に自動でアカウント登録をしてくれる便利なタイプなのです。

購入手続きをしたアカウントへと同時にチャージが完了しますので、すぐにamazonギフト券を利用して買い物をすることができます。自分用でamazonギフト券を使ってみようかなとお考えの方にはベストなタイプのamazonギフト券です。

2:amazonギフト券で買い物をしよう

先ほどの章ではamazonギフト券のアカウントチャージの方法を解説しました。

そこで、この章では実際にamazonギフト券を使ってamazonでショッピングをする使い方をお伝えしていきます。amazonで一度でも買い物をしたことがある方はすぐに出来ます。通常の買い物と手順が異なるのは、支払い方法の選択だけです。

2-1:amazonギフト券を使って実際に買い物をしてみる

amazonギフト券を使って買い物をするのは支払い方法の変更をするだけで出来ます。

ここで、手順を詳しくお伝えしていきましょう。

①欲しい商品を検索

11 1024x390 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

②商品の選択

12 1024x341 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

③”カートに入れる”をクリック

13 1024x369 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

④”レジに進む”をクリック

14 1024x72 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

⑤ここで”支払い方法の変更”をクリック

15 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

 

⑥amazonギフト券にチェックマーク

※今回は残高がありませんでした…

16 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

⑦”注文を確定する”をクリック

17 1024x331 アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

3:お悩み解決!amazonギフト券の微妙な残高の上手な使い方を伝授

amazonギフト券の基本的な使い方はこれまでの章でお伝えしました。

この記事を読んでいる方の中には、amazonギフト券の使い方はなんとなくわかるけど利用した後の

微妙な残高が気になる…勿体無い…

このようなお悩みを抱えている方もたくさんいるはずです。

実はamazonギフト券の残高を0円まで綺麗に使い切ることはとても簡単に出来ます。この章で詳しく紹介していくのでぜひ参考にしてください!

3-1:amazonギフト券の追加購入

amazonギフト券は追加購入することで残高にあるamazonギフト券と合算して買い物をすることができます。

この時に欲しい商品の金額を調べておくことで、その商品と残高の差額分のamazonギフト券を購入することで残高を綺麗に使い切ることが可能です。

amazonギフト券の残高を最も上手に使い切る方法は、amazonギフト券の追加購入になります。

3-2:金額指定ができるamazonギフト券を選ぶ

  • チャージタイプ(15円〜50万円の間を一円単位で指定できる)
  • バリアブルカード(1,500円〜50,000円の間を一円単位で指定ができる)

amazonギフト券の中には自分で一円単位から金額指定することができるタイプがあります。その中でも残高を使い切るのにベストなタイプが上記2タイプです。

オンラインストアで購入するなら”チャージタイプ”、コンビニでamazonギフト券を買うなら”バリアブルカード”の購入をオススメします。

3-2-1:オススメ度No.1『チャージタイプ』

charge type アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

先ほどもチャージタイプについては紹介しましたが、ここでは残高との繋がりを説明しながらもう一度紹介します。

まず、チャージタイプのいいところは何と言っても自動チャージ機能です。これについては先ほど詳しく紹介しました。そこで、微妙な残高を使い切るために重要なポイントがあります。それは、15円〜50万円の購入金額の幅です。もちろんこの間なら一円単位で金額指定をすることができます。

これが最大のオススメポイントです。微妙な残高を使い切る方法としてぜひオススメします。

  • 購入場所:オンラインストア
  • 購入可能金額:15円〜50万円
  • 購入方法:クレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング
  • 有効期限:購入から10年間

3-2-2:オンラインストアに抵抗がある方は『バリアブルカード』

amazongift variablecard アマゾンギフト券買取超簡単!1分でamazonギフト券の使い方がわかるガイドブック

コンビニにも金額指定をすることのできるamaoznギフト券が販売されています。それが”バリアブルカードになります。オンラインストアでamazonギフト券を購入する方も多いですが、コンビニや店頭でamazonギフト券を購入している方もとても多いです。

実は、このバリアブルカードは通常のカードタイプが販売されているコーナーに置かれています。よく見るとあるので探してみましょう。ちなみに、コンビニにはありますがコンビニ以外の店頭ではバリアブルカードがない場合があります。

また、購入方法としてはレジで欲しい金額を伝えるだけで購入できます。

  • 購入場所:コンビニ
  • 購入可能金額:1,500円〜50,000円
  • 購入方法:現金
  • 有効期限:購入から10年間

まとめ

amazonギフト券の使い方について解説してきました。

あなたの悩みは解決できましたでしょうか?

amazonギフト券は単純に持っているだけでは意味がありません。アカウントに登録をして初めてamazonギフト券を利用して買い物をすることができます。

そのアカウント登録手順も紹介しましたが、とてもシンプルで簡単なものでしたよね。また、買い物でamaoznギフト券を利用する手順は支払い方法の変更だけなので難しいことは1つもありません。

そして最後にはamazonギフト券の微妙な残高の使い切りを紹介しました。ぜひ、紹介した2タイプを購入してはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る